歯磨きをすると毎回血が出る!もしかして歯周病?

歯磨きで歯ぐきから出血するのはなぜ?

歯磨きをすると、毎回歯ぐきから血が出る。その原因は、いくつか考えられますが、最も多いのは歯周病といわれています。

 

まさか自分が歯周病?と他人事のように思っていませんか。実は、日本人の成人の約80%が歯周病もしくは予備軍といわれています。歯磨き時の出血が気になる人は、まず歯周病のリスクを疑ってみるといいでしょう。

 

歯周病とはどのような病気?
歯周病の原因は歯垢(プラーク)

 

歯垢とは、歯の表面に付着している白っぽいネバネバの塊で、細菌の塊といえる物質です。歯周病は、この歯垢の中の細菌が歯茎に炎症を起こすことから始まり、進行するに従い、あごの骨や歯の周りの組織を壊して、最終的には歯が抜けてしまいます。

歯周病の進行

  1. 健康な歯茎

    ピンク色で歯磨きで出血することはありません

  2. 歯肉炎

    歯周病の初期段階で、歯垢によって歯茎が炎症を起こしている状態を指します。歯茎が腫れたり、赤みを帯びたり、出血をします。

  3. 軽度の歯周炎

    歯茎の炎症が悪化して、歯を支えている骨にまで炎症が起きる状態です。歯と歯茎の境の歯周ポケットが深くなり、そこに歯垢が入りこんでいきます。

  4. 中度の歯周炎

    軽度の歯周炎よりさらに歯周ポケットが深くなり、骨の破壊が進行して、歯のぐらつきが始まります。

  5. 重度の歯周炎

    歯周ポケットがさらに深くなり、骨の半分以上が破壊された状態になります。歯がぐらぐらになり、歯肉が下がり、ひどい口臭がします。

歯周病は、初期段階ではほとんど自覚症状がないために、早期発見が難しいのも特徴です。だからこそ、歯ぐきの出血や腫れといった症状がある場合には、歯周病を疑いましょう。

 

本来、健康的な歯ぐきは、ピンク色で締まりがあり、歯磨きで出血するようなことはありません。しかし、歯周病になってしまうと、歯ぐきの色は赤黒くなり、締まりのないブヨブヨの状態になります。そして、ほんのわずかな刺激でも出血しやすくなるために、歯磨きが出血してしまいます。

 

さらに症状が進むと、出血に痛みが伴い、口臭も発生してくるようになります。口臭の原因は、歯茎が膿んでその膿が悪臭を放つからです。

歯ぐきから出血した時の対処法

歯医者さんへ行く

歯ぐきからの出血は歯周病が疑われます。まずは、歯医者さんで診察を受け、歯周病と診断されたら、適切な治療を受けましょう。

 

歯周病の治療は、主にプラークコントロール、すなわち歯垢を取り除いてもらいます。他にも、歯ブラシで取ることができない歯石も特殊な機械や器具を使って取り除いていきます。歯石とは、歯垢が唾液のミネラル成分でかたまってしまったもので、歯石自体に毒があるわけではありませんが、隙間に入り込む歯垢が悪さをするので、その誘因となる歯石を除去しておく必要があるのです。

 

ただし、歯医者さんで検査や治療を受けたら終わりではありません。プラークコントロールを行えば、確かに歯と歯ぐきの周りの歯垢をしっかり清掃できますが、継続的にできていないと、いくら歯医者さんでプラークコントロールしてもらっても、またすぐ歯垢(プラーク)は付着してしまいます。

 

歯垢を溜めないためには、正しい歯磨きを続けていくことが重要です。歯垢をしっかりと取り除けば、歯ぐきの腫れや出血を予防することもできます。

自分でできる対策

歯茎が炎症を起こさない歯の磨き方

バズ法というブラッシング方法で、歯と歯ぐきの境目にブラシの毛先を斜め45度に当て、細かく振動させながら、1本づつ磨きます。特に歯垢が溜まりやすいところは意識して磨くようにします。

 

歯ぐきが出血している時は、歯磨きはしない方がいいのでしょうか?

 

いいえ、歯磨きをしないでいると、歯垢がどんどん溜まって、歯ぐきの状態はますます悪化していきます。ですから、出血を怖がらずに歯磨きはしましょう。ただし、出血している時の歯ぐきは、炎症を起こして、傷つきやすい状態になっています。ですから、小さめヘッドで、柔らかい毛の歯ブラシを使って、弱めの力で磨きます。

 

歯ぐきマッサージをする
歯ぐきが炎症を起こして出血している場合に、歯ぐきマッサージは有効といわれています。なぜかというと、歯ぐきマッサージには、歯ぐきの新陳代謝や血行を促進させ、歯ぐきを強くする効果があるからです。

 

やり方を調べてみたところ、歯ブラシを使う方法と指で行う方法がありました。どちらが正しいのかといわれると、どちらも正しいのかもしれませんが、素人判断でやらない方がいいかもしれません。やはり、歯医者さんで歯ぐきの状態を見てもらった上で、指導してもらうのがいいといえるでしょう。

 

デンタルフロスを使う
歯磨きの後にデンタルフロスを使うと、歯垢の除去率が格段にアップします。

 

デンタルフロスには、糸巻きタイプとホルダータイプがあり、初心者にはホルダータイプ、使い慣れた人には糸巻きタイプがオススメです。

 

値段はホルダータイプの方が高いので、最初はホルダータイプを使い、慣れたたら糸巻きタイプに変えてもいいかもしれません。

 

では、デンタルフロスと歯間ブラシでは、どちらがいいのでしょうか?

 

一般的には、デンタルフロスは虫歯予防、歯間ブラシは歯周病予防といわれています。ただし、歯と歯の隙間が狭くて、歯間ブラシが入らない人が無理に使うと歯や歯ぐきを傷つける原因になります。

 

歯周病に効果的な歯磨き粉を使う
歯ぐきの出血を改善したいなら歯磨き粉選びも重要です。

 

歯ぐきの腫れや出血、炎症を改善、歯周病予防に有効な成分が配合されている歯磨き粉を選びましょう。こうした歯磨き粉は医薬部外品に分類される歯磨き粉になりますが、特にオススメの歯磨き粉がプロポデンタルです。

プロポデンタルが歯ぐきの出血にオススメのわけ

  1. 歯周病に効果的な成分を配合

    プロポリス
    高い殺菌・抗菌作用があり、細菌によって発生する歯周病に有効
    酢酸トコフェロール
    血行促進作用のある成分で、歯ぐきの血行を良くして、代謝を活発にして、歯ぐきを丈夫にする働きがあります。
    イソプロピルメチルフェノール
    殺菌作用のある成分で、歯周ポケットの奥まで入り込み、高い効果が期待できます。

  2. 歯ぐきの炎症を抑える成分が配合

    歯ぐきの腫れに有効な抗炎症作用のあるカンゾウエキスを配合

  3. 歯ぐきの状態に合わせて選べる3つのタイプの歯磨き粉がある

    プロポデンタルには3種類の歯磨き粉があり、自分の現在の症状に合わせて適切なタイプを選んで使っていく事ができます
    プロポデンタルEX

    プロポデンタルゲル

    プロポデンタルリンス

プロポデンタルの代表的な成分「プロポリス」とは、ミツバチが作り出す天然成分で、高い殺菌・抗菌作用があります。フラボノイド、アミノ酸、ビタミン・ミネラルといった成分を豊富に含み、免疫力を上げる効果が期待でき、天然の成分なので副作用もなく、子供からお年寄りまで安心して使うことができます。

歯を磨くたびに血が出る人はもちろん、起床時のねばつきが気になる人、口臭がきつい人は、もしかしたら歯周病のサインかもしれません。歯周病の原因の多くが歯の表面についた歯垢、すなわちプラークです。このプラークは細菌のエサ・住みかとなりそこから炎症が進行していきます。残念な事に最初は痛みを感じないので、放置してしまいがちです。

 

毎日のデンタルケアにプロポデンタルを活用していけば、歯周病をしっかり予防・改善していけるはずです。良質なプロポリスを主成分としているプロポデンタルには、非常に強い殺菌力があり、口内のあらゆるトラブル解消に役立つはずです。

プロポデンタルの使い方

プロポデンタルのプロポリスの力を使って、日頃から正しい歯磨きを心がけ、歯周病予防を徹底していきましょう。

  1. プロポデンタルは、2〜3センチくらいたっぷり出すと、薬効成分が口中にいきわたってより効果的です。発泡剤の配合を抑えてあるので、口中泡だらけになることはありません。
  2. プロポデンタルEXを使って上下の歯合わせて3分ブラッシングします。歯周病菌を取り除くには歯や歯ぐきの周りだけに限らず、全体をきちんと磨くことによって、殺菌効果を発揮しやすくなります。

     

    毛先を歯周ポケットに入れ込んで、掻きだすようなイメージで細かくブラッシングします。出血しやすくなっている歯ぐきは優しく磨きます。

  3. 歯ぐきが下がって、隙間がある場合には、歯間ブラシにプロポデンタルEXを付けて、歯と歯との間を磨くのも効果的です。
  4. 歯ぐきの腫れや出血がひどい場合には、プロポデンタルEXを指先に付けて、歯ぐきをマッサージするのも効果的です。
  5. すすぎは1〜2回でOK!薬効成分が残ることで、歯周病菌の繁殖を抑えることができます。

刺激に弱い人はプロポデンタルゲルでケア
敏感になっている歯ぐきや歯には、研磨剤や発泡剤、防腐剤を使っていないプロポデンタルゲルを使ってケアしてあげるのがおすすめです。

 

口臭予防にはリンスタイプのプロポデンタルを
歯周病や虫歯が原因で口臭がきつくなっている場合には、プロポデンタルリンスを使うのがおすすめです。使用後は、口の中がスッキリ爽快になり、クリーンな状態が長続きします。味が濃い方が好みという方に特におすすめです。

プロポデンタルEXの最安値は?

プロポデンタルEXは通販限定の商品です。
公式サイト、楽天、Amazonから購入できますが、一番安く買えるのは公式サイトです。

 

購入方法は以下の5通りがあります。

  定期コース1 定期コース2
お届け周期 2ヵ月に1回 3ヵ月に1回
内容

プロポデンタル2本(80g)
歯科医院専用歯ブラシ(毎回)
プロポリスキャンディー(初回のみ)

プロポデンタル3本(80g)
歯科医院専用歯ブラシ(毎回)
プロポリスキャンディー(初回のみ)

価格

3,000円→2,700円
(ずっと10%オフ)

4,500円→4,050円
(ずっと10%オフ)

送料 無料 無料
定価 初回限定お試しセット 3本セット
プロポデンタル1本(80g)

プロポデンタル1本(80g)
ミニ(10g)
歯科医院専用歯ブラシ

プロポデンタル3本(80g)
ミニ1本(10g)

1,500円 1,500円 4,500円
送料無料(初回のみ) 送料無料 送料無料
  全額返金保証付き  

最安値になるのは定期コースですが、実は公式サイトにしかこの定期コースはありません。

 

まずは、全額返金保証制度のついている初回限定でお試しセットを購入して、気に入ったら定期コースに切り替えてのは、いちばん間違いのない購入方法です。

 

プロポデンタルEXの返金保証の注意点
本体は開封しないこと
まずは、ミニの方を使って、不満がある場合には、14日間以内に返金保証を利用しましょう。本体を開封したり、14日間を過ぎると、返金保証は適用されなくなるので気を付けてください。

プロポデンタルの口コミ

プロポデンタルを体験した方の声

  • 口臭が改善された
  • 歯磨きしても出血しなくなった
  • 歯周ポケットが浅くなった
  • ミント味がさりげないので刺激に弱い自分にぴったり
  • スッキリする!しかも続く!
  • 歯茎が引き締まった

 

使い始めてから一度も出血しなくなった!
私がプロポデンタルを使ってみて一番嬉しかったのは、歯磨きの時に歯ぐきから血が出なくなった事です。ミント味も強すぎないので抵抗なく使えますし、毎日気軽に使えます。すぐに私はリピーターになりましたが、他にもそういう方たちが多くて評判になっているようです。プロポデンタルは口コミでも人気が広がっていて評価が高いので、今もしも歯ぐきからの出血で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてほしいです。


歯周病以外で歯ぐきから血が出る原因

歯周病は、放置しておくと取り返しがつかなくなる怖い病気です。歯ぐきから出血した時にはまず歯周病を疑って、適切なケアをする必要があります。でも、歯周病以外の原因で歯ぐきから出血する場合もあります。

  • 歯磨きの方法が誤っている
  • 薬が原因で歯ぐきが腫れる
  • ドライマウスが原因
  • タバコ
  • 病気が原因
  • ホルモンバランスの変化

この中で特に注意したいのが、何かしらの病気が原因で出血する場合です。白血病や糖尿病、ネフローゼ症候群、ビタミン欠乏症、血友病、血小板減少性紫斑病など重い病気のサインの可能性もあります。心配な場合には、病院で検査を受けましょう。

まとめ

歯茎からの出血原因の大半は歯周病です。歯周病はしっかり治療や対策をすれば、治すことも可能です。

 

歯医者さんで定期的に健診を受ける他、自宅でも効果的な歯磨き粉を使ってきちんとケアしてあげてください。日々のデンタルケアが歯周病菌を寄せ付けず、健康な歯ぐきを維持します。

もしかしているにおってる? ワキガの臭いを解消する 最新人気のデオドラント剤を紹介 自宅で歯を白くしたい人必見! ちゅらトゥースホワイトニングを1か月間使用した口コミレビュー